クリニック・ハイジーアは、摂食障害を根本治療

摂食障害でお悩みの患者さまへ

  • 一度食べ始めたら、止まらない。
  • 食べても食べても、お腹がいっぱいにならない。
  • 24時間、一日中食べることばかり考えている。
  • 気が狂ったように食べては、後悔して吐いてしまう。
  • そんな自分をどんどん嫌いになっていく。
  • 過食と嘔吐を止めたい。過食を止めたい。
  • 無理なダイエットを、何回も繰り返している。
  • 太りたくない、太るのが、恐い。
  • この状況を抜け出して、食べても太らない心身ともに健康な体が欲しい。
  • やせてキレイになって、人生を楽しみたい。

女性なら誰でも、「やせてキレイになりたい!」と思うのは当たり前のことですね。
ですが、無理な自己流ダイエットなどがきっかけになって、気がついたら、「もしかして摂食障害?」ということになっている場合は、少なくありません。

この状況が良くないのはわかっているけど、太るのはイヤ・・・。誰にも相談できずに、一人で悩んでいませんか?
過食症は、必ずしも心の病が原因ではありません。過食症は、あなたの気持ちが弱いからではないのです。

過食が止まらないのは、低血糖症など、カラダに原因があり、カラダの原因を治療すれば、過食症状は止まる場合が多くあります。
クリニック・ハイジーアでは、60項目以上に及ぶ詳細な生化学的検査を行うことで、過食をしてしまうカラダの原因を見つけることができます。
そして、過食症の原因から、薬を使わないで根本的に治療をしています。
患者さまに安心して治療をお受けいただき、本来の元気を取り戻して、イキイキと人生を過ごしていただけるよう、私たちはお手伝いいたします。

摂食障害(過食症)は、カラダの病気です。

一般には、摂食障害は自分を肯定できないことが原因であり、「心の病気」と言われています。
とくに母親との関係が良好でないなどの問題があると、摂食障害を起こしやすいと言われています。
でも、ほんとうに摂食障害は「心の病気」なのでしょうか?

クリニック・ハイジーアに来院される摂食障害の患者さまに多いのは、「心療内科で、摂食障害のためのカウンセリング(心理)を受け、自分を理解できるようになったが、過食の症状は、まったく変わらない。」
または「心療内科で、抗うつ剤などのお薬を処方されたが、過食の症状は変わらない。」といった訴えです。

ナゼかというと、過食症の原因は、「心」ではなく、「カラダ」に問題があるからなのです。
過食を引き起こす「カラダ」の原因から治療すると、「過食」はおさまります。
では、過食の原因は、いったい何でしょうか?
過食症状をお持ちの患者さまに共通して見つかる原因は、主に二つあります。
「低血糖症」と「満腹中枢と食欲中枢という二つの自律神経の機能低下」です。

低血糖症とは、簡単に説明すると、インスリンというホルモンが過剰に分泌されるために血糖値が下がりすぎてしまう状態です。
その結果、低血糖から脳を守るために「食べろ!」という命令が起こりますから、自分の意志で食欲をコントロールすることができなくなります。
例えば、「プチッ!とスイッチが入ったように、食べ始めたら止まらない!」といった症状がある場合では、低血糖症を疑います。
食べ過ぎた後、ひどく落ち込む。強い「うつ」になる。死にたくなる。イライラする。
などの精神的な症状も、血糖値の乱効果(=低血糖症)が真犯人です。

また、満腹中枢と食欲中枢は自律神経に支配されていますから、自律神経の情報を伝達するための伝達物質が無理なダイエットや、栄養欠損などで極端に不足すると、「お腹がいっぱいになった。」という情報を伝達できないわけですから、「満腹感」を感じることができません。
また、自律神経は満腹中枢と食欲中枢だけではありません。
冷える、浮腫む、だるい、疲れやすい、よく眠れない。
などの、さまざまな自律神経失調症状や不定愁訴の症状もあらわれます。

自律神経失調症は、それを正常に機能させる栄養素の欠損からおこる脳の機能低下が原因です。
自律神経失調症を治す「お薬」は、今でもありません。
その他にも、極度なダイエットや下剤の乱用などは腸環境の悪化につながります。
腸は「第二の脳」とも言われ、とても大切な役割をしています。

例えば、「うつ病」ではセロトニンの分泌が低下すると言われていますが、実は過食症状にも大きく関与しています。
セロトニンは腸内で神経伝達物質として働く他に、満腹中枢を刺激するため、食欲を抑制する働きもあります。
セロトニンが不足すると、「うつ」になり、食欲が増進し、過食・偏食に陥りやすくなります。
その「幸せホルモン」と言われるセロトニンの95%がなんと『脳』ではなく『腸』で創られているのです!!
このように栄養欠損や下剤の乱用などによる腸内環境の悪化が、過食の「負のスパイラル」を引き起こします。

誰にも相談できずに、一人で悩んでいませんか?
「摂食障害」は一生治らないと、決めつけていませんか?
クリニック・ハイジーアでは、患者さまが「過食」という負のスパイラルから抜け出し、太る心配もなく人生を思う存分謳歌していただけるよう、根本から治療をおこなっています。

また女性(摂食障害の患者さまも)にとっての一番の願いは、「体重が増えないこと」ですよね。
栄養療法でホメオスターシスを整えることで、下がってしまった代謝を向上させ、少しくらい食べすぎてもリバウンドしない太りにくいカラダ造りも、しっかり治療していきます。

  • 当院の治療方針や治療期間などについて詳しくご説明させていただきます。

ハイジーアの摂食障害治療の3つの特徴

  • 原因究明 60項目以上の詳細な生化学検査と、必要に応じて特殊な検査を実施し、摂食障害のカラダの原因を究明し、根本から治療。
  • 副作用がない 天然の複合的な栄養素は、体内で必要に応じて代謝されるため、薬物治療に対して圧倒的に安全。
  • ストレスフリー 医療行為は3ヶ月ごとの採血や必要に応じて点滴治療のみ。頻繁な通院の必要もなくストレスフリー。

治療費用

クリニック・ハイジーアでは、公的保険が適用されない自費診療の治療のみとなります。(保険診療はおこなっておりません)

■基本検査料

初診時のカウンセリング料無料

■生化学検査料

60項目以上15,000円(税抜)
再検査セットⅠ10,000円(税抜)
再検査セットⅡ5,000円(税抜)
再検査セットⅢ3,500円(税抜)
データ解析料(ご希望の場合)20,000円(税抜)
初診料(20分)5,000円(税抜)
再診料(20分)5,000円(税抜)

■各種検査費用

活性酸素ダメージ検査(日本)12,000円(税抜)
尿路系重金属排泄検査(米国)25,000円(税抜)
腸内環境(CDSA)アンバランス検査(米国)67,000円(税抜)
IgG食物アレルギー検査40,000円(税抜)

■治療費用

栄養療法治療費用(治療用サプリメントの費用) [治療]およそ7万円~(1ヶ月あたり)
[維持]およそ3万円~(1ヶ月あたり)
キレーション点滴費用(女性の場合、1クール7回が目安) 1回:15,000円(税抜)
  • 当院の治療方針や治療期間などについて詳しくご説明させていただきます。

診療の流れ

初日

専門カウンセラーによるカウンセリング+医師の診察 無料/60分~

統合医療についての説明と、患者さまの現在までの状態を詳しく聞き取りし、その後医師が検査内容について判断します。初日の医師の診察は、検査内容の判断のみとなります。
60項目以上の詳細な生化学検査と、必要に応じて追加検査を実施し、摂食障害を引き起こす体の原因を特定します。

生化学検査料(採血+採尿)15,000円(税抜)
※必要に応じて、医師が追加検査を行う場合があります。

1週間後

医師が生化学検査および追加検査のデータに基づく診察を行い、治療方針を決定します。

ドクター診察 初診料5,000円(税抜)/20分

治療期間の目安は3~6ヶ月ですが、個人差があります。治療期間中は一ヶ月当たり7~10万円の治療費が目安です。
全ての治療内容が、原則では医療費控除の対象となります。

※初日にドクター診察料までの費用(¥20,000(税抜))を頂戴しております。
また、検査結果に基づいた、詳細な解析サポートをお渡しすることも可能です。

解析レポート作成費用 20,000円(税抜)ご希望の場合 分子整合栄養医学療法(治療用サプリメントの処方)70,000円~/1ヶ月

栄養療法に加え、キレーション治療や腸内環境の改善などの治療が必要な場合もございます。
管理栄養士による個別の食事指導のサポートプログラムがございます。食べても太りにくい健康的なダイエットを実現する勉強会にも、ご参加いただきます。

約3ヶ月後

治療が1クール(約3ヶ月間)終了した後、再検査を行います。

再検査3,500〜15,000円(税抜)、ドクター再診料5,000円(税抜)/20分
  • 当院の治療方針や治療期間などについて詳しくご説明させていただきます。

医師紹介

  • 秦 俊昭 医師 日本産婦人科学会専門医。防衛医科大学医学部1982年卒業。東京慈恵会医科大学医学研究科大学院修了。防衛医科大学病院、自衛隊中央病院などを経て、三宿病院産婦人科部長などを歴任。2013年より、クリニックハイジーア院長就任。
  • 大貫 隆広 医師 日本脳神経外科専門医。日本救急医学専門医。筑波大学医学専門学群1998年卒業。分子整合栄養医学に出会い、現在は帝京大学医学部付属病院救命救急センター勤務のかたわら、体に優しい根本治療をめざし2015年6月よりクリニック・ハイジーアにて診療を行っている。

クリニック紹介

住所〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目13-2 3F
診療時間10:00~18:00 完全予約制(日・月・祝祭日休診)
電話03-6826-8776
最寄駅表参道駅(地下鉄銀座線、半蔵門線、千代田線)または原宿駅(JR山手線)より徒歩5分
道順 ①表参道駅より、原宿方面に向かう。または、原宿駅より表方面に向かう。
②シャネルとディオールの間の道を、入る。
③一つ目の十字路(目印は、右角にスターバックス)を、左折する。
④道なりに30メートルほど歩くと、右手に見える茶色のレンガのビルの3階となります。