低血糖症が過食の原因

低血糖症と過食別名太らせるホルモン「インスリン」

インスリンが体内で血糖値を下げる唯一のホルモンであることは、前述しました。
消化吸収されたブドウ糖がエネルギーに使われれば脂肪になることはありませんが、わたしたちの細胞がブドウ糖をエネルギーに変換できるスピードには限界があります。
そのためインスリンはあまった糖分をグリコーゲン(貯蓄型の糖分)または脂肪に変えて蓄えることで血糖値を下げているのです。
このため、低血糖症では肥満(または隠れ肥満)の人が多いのです。

グリコーゲンは肝臓や筋肉などで蓄えられ、必要な時にエネルギー源として使われるため問題ありませんが、肥満や生活習慣病、ダイエットなどで問題があるのは、もちろん脂肪です。
インスリンが分泌されると、糖から脂肪を合成して蓄えようとすると同時に、脂肪の燃焼を抑えてしまします。

脂肪を蓄える働きだけでなく脂肪も燃やせないとなると、インスリンがたくさん分泌されればされるほど加速度的に太ってしまう、ということになります。
そのため、インスリンは別名「太らせるホルモン」とも呼ばれています。
低血糖症とは、インスリンがたくさん出過ぎる、または効き過ぎることの結果として、血糖値が低下してしまう病気です。つまり低血糖症の方では、肥満や、明らかな肥満に見えなくても筋肉量よりも体脂肪量が多い、いわゆる「隠れ肥満」タイプの人が多く、代謝機能が非常に低下しています。
もちろん肥満の原因は複合的なものですが、低血糖症が肥満のもっとも大きな比重を占めているといっても差し支えないでしょう。

低血糖症では、チョッとしたものを食べただけでも、たちまちのうちにインスリンが過剰に分泌され、あっという間に脂肪に変わってしまいます。
よく「私は、水を飲んでも太るんです。」と訴える患者さまがいらっしゃいますが、実際には水を飲んでも体脂肪は増えませんが、そう言いたいほど太りやすくて痩せにくい状態だと云うことです。
インスリンが過剰に分泌されている以上は、どんなに「食べない」ダイエットをしたところでなかなか結果が出ません。多くの場合は途中で挫折してしまい、ダイエットを止めた途端、さらに太ってしまうのです。

ダイエット!というと、頭の中はみなさん「カロリー計算」でいっぱいになってしまいます。でも、重要なのはカロリーではありません。もちろん、ある程度はカロリー計算も必要ですが、むしろ同じカロリーでも「血糖値を上げやすいか?」つまり「インスリンを出しやすいかどうか?」が非常に大きなポイントです。
たとえば糖質とたん白質は1gあたり4キロカロリーで、カロリー(熱量)は同じですが、血糖値の上昇速度はまったく違います。
糖質の種類にもよりますが、糖質は摂取すると素早く100%血糖に変わりインスリンを分泌させてしまいます。
しかしたん白質は、血糖に変化するのは50%であり、その上ゆっくり変化するためインスリンを分泌させにくいのです。
そして脂質にいたっては血糖になるのは10%未満であり、血糖値上昇の心配はほとんどありません。

「揚げ物はカロリーが高くて太るから、一切食べません!」なんて(食べ過ぎなければ)ナンセンスです。
油(=脂質)が脂肪になるのではありません。糖質が、肥満ホルモンであるインスリンを分泌させ脂肪に変えるのです。
むしろ良質の油の摂取は、異常な空腹感の防止の助けになるでしょう。低血糖症状の強い場合では、上手に脂質の補給をしてください。

ダイエットを成功させるには、インスリン抵抗性を改善することがまず最優先です。
「低インスリンダイエット」は、代謝を下げない知的なダイエット方法でもあるのです。
また、ブドウ糖が細胞内で代謝されエネルギーに変換されるには、十分な補酵素のビタミンB群も必要です。
たん白質と脂質は筋肉や内臓、骨、細胞膜、ホルモンなどのカラダを作る材料ですから、カロリーに囚われずに十分な補給が大切です。