低血糖症が過食の原因

低血糖症と過食低血糖症になりやすい体質

低血糖症の多くは糖質の多い食生活に起因することは前述しましたが、先天的な要素がある場合ではより発症しやすい傾向があります。

過食症状の直接の引き金である低血糖症では、さまざまな肉体的な不調や精神的な症状も伴いますが、同じような食生活をしても低血糖症になる人とならない人がいるようです。
とすると、太りやすいタイプと太りにくいタイプがいるということでもあります。

脂質代謝研究で有名な米国のバリー・シアーズ博士によると、全人口の25%は炭水化物に非常に敏感で、いつでも炭水化物に過剰なインスリンの反応を起こすと報告しています。
そして別の25%はその逆で、精製された炭水化物を食べてもインスリンが過剰に分泌されることはなく、低血糖症になることも、肥満になることも無いようです。
残りの50%は両者の中間で、炭水化物に正常な反応を示すけれども、炭水化物の質によってはインスリンのレベルを上昇させることがあるということです。
ということは、人口の半分以上の人たちは糖分の取り方に気を付ける必要があるということになります。

低血糖症は、過食の引き金になるだけでなく、
慢性疲労(何となく具合が悪い、疲れやすい、朝から疲れる、冷えなど)、
精神症状(イライラ、キレる、無気力、不安など)、うつ病、パニック障害、統合失調症、
PMS、肥満・メタボリックシンドローム、糖尿病などのいわゆる生活習慣病の原因にもなり得、このような疾患が現代に増えていることも理解できます。
血のつながったご家族に糖尿病の患者さまがいる場合では、血糖調節に異常をきたしやすい遺伝的な素因があると考えられ、低血糖症を起こしやすいと云えるでしょう。

そして低血糖症は、消化、吸収、調節、代謝のいずれの機能が障害されても起こり、以下が考えられます。

  • 栄養欠損(先天的に消化機能が弱い、ピロリ菌の感染、食生活の偏りなど)
  • 腸内環境の悪化(リーキーガッド症候群→タイトジャンクションの崩壊)
  • 貧血または潜在性の鉄欠乏
  • 先天的または後天的なすい臓機能の障害(インスリンレセプターの異常やインスリン抵抗性、インスリン抗体の存在など)
  • 自律神経失調症(栄養欠損で起こりやすい)
  • 甲状腺機能障害(血糖の調節異常を起こしやすい)
  • 先天的なビタミン依存体質(ライナスポーリング博士は、ビタミンの必要量には個人差があることを唱えている)
  • ストレスに弱い(視床下部→副腎軸による、カテコールアミン過剰分泌による副腎疲労)
  • アルコール・煙草・カフェインの過剰摂取