クリニック・ハイジーアは、摂食障害を根本治療

摂食障害は、カラダの病気です。 薬に頼らずカラダから根本治療していきます。 クリニック・ハイジーアは、女性の元気を応援します!

摂食障害は、カラダの病気です。 薬に頼らずカラダから根本治療していきます。 クリニック・ハイジーアは、女性の元気を応援します!

摂食障害は「ココロの病気」?それとも「カラダの病気」?

摂食障害は、一般的に「心の病気」と云われています。
心の問題が原因で、

  • 常識では考えられない量の食べ物を食べてしまう(過食症)
  • 過食しては食べたものをぜんぶ吐いてしまう(過食嘔吐)
  • (カロリーが気になるなどで)食べ物を十分に食べられない(拒食症)

などの症状が起こるとされています。

しかし、摂食障害はほんとうに「心の病気」なのでしょうか?

患者数は推定で500万人

厚生労働省の中枢性摂食異常調査研究班全国疫学調査では、1980年の罹患数5万人が、1990年後半にはおよそ4倍の20万人と、大幅に増加していると報告しています。
1970年代の高度成長期の日本では、摂食障害は「裕福な家庭の美人の女の子の病気」とされましたが、現在の患者数は推定で500万人とも云われ、40年前と比較して、けっして珍しい病気ではなくなりました。
そのような時代背景のためか、クリニック・ハイジーアには全国より摂食障害に悩む患者さまが多く来院します。
その患者さまたちの訴えを聞くと、「心療内科や精神科で、摂食障害のため心理カウンセリングを受けて、気持ちはスッキリしたが、過食症状は良くならない。」「心療内科や精神科で(向精神)薬を処方されたが、良くならない。または、副作用が出て薬が怖くなった。」など、心の問題を解決する目的で心理カウンセリングを受けても摂食障害の症状が治らない、また心療内科や精神科の向精神薬を飲みたくないと訴える患者さまが非常に多いのです。
摂食障害が精神疾患の一つと捉えられ、難治性疾患(43番)として難病指定されました。そのため、心療内科や精神科などの病院では、投薬治療や心理カウンセリングといった標準治療がおこなわれています。
それに対しクリニック・ハイジーアでは、そのような治療をおこなっていません。
それは、摂食障害を引き起こす原因は「心」ではなく「体」にあると考えているからです。
摂食障害に伴う、イライラ、不安、うつ症状、キレる、不眠などの精神的な症状も同様に、体に原因があって起こります。

受診された摂食障害に悩む患者さまに詳細な60項目以上の生化学検査5時間糖負荷検査をおこなうと、共通の体の原因が見つかります。
『現代型栄養失調』と『低血糖症』です。

患者さまたちに摂食障害のきっかけを訪ねると、「極端な(食べない)ダイエット」と答える場合がほとんどです。ダイエットに限らず、「断食」や「ストレスなどによる拒食」など、体重が大きく減少し飢餓状態に陥った後に発症します。つまり、深刻な心の問題がつねに存在しているわけでは、必ずしもないということです。
(同じように体重が大きく減少しても、必ずしも全ての人が摂食障害に罹患するわけではありません。)
もちろん例外もありますが、たいていの拒食症は過食症に転じることがほとんどであり、また過食症とまでいかなくとも多くの人がダイエットをして、その反動で過剰な食欲に陥った経験はあると思います。
そのような飢餓状態では、血糖値が低下するため視床下部→摂食中枢やホルモン系の刺激により、とくに甘いものが無性に食べたくなりますが、生きるための生存本能が働くためです。
『食べる』という行為は日常的で、いかにも自分の意志でコントロールしているかのように思いがちですが、そこにはホルモンや自律神経系が関与するため、いったん強い飢餓状態を呈すると意志や精神力で食欲をコントロールすることはできません。
強い過食衝動に駆られる時は、血糖値を上げようと無意識に、お菓子やパン、白米などの精製された炭水化物(糖分)が食べたくなります。そのような精製された糖分は、カロリーが過多で大切なビタミンやミネラルが不足しているため深刻な「現代型栄養失調」を招きます。
拒食タイプでも過食タイプでも、痩せ過ぎていても太り過ぎていても、摂食障害の患者さまには現代型栄養失調が常に隠れています。いったん飢餓状態におちいり摂食障害を発症してしまったら、その後たとえバランスよく食事ができたと仮定しても、簡単には栄養失調は治癒しません。
治癒のために、わたしたち自身で食生活から十分に栄養を補給できるのは糖質と脂質、つまりカロリーだけであり、治療レベルで必要なたん白質やビタミン、ミネラルを十分補給することは至難の技です。
これらの栄養失調を「治療用のサプリメントを用いた栄養療法」で治療することに加え、「低血糖症にならないための食事療法」や、主に腸内環境を整える「免疫療法」を実践することで、多くの場合、摂食障害の症状は改善します。
この事実から、『現代型栄養失調』と『低血糖症』という二つのキーワードが摂食障害を引き起こす体の原因であることがご理解いただけると思います。

摂食障害の発症は多くの場合思春期ですが、家族にも打ち明けられず、摂食障害の原因や適切な治療法を知らないために10年、20年、それ以上の期間を一人で悩み苦しむ患者さまが非常に多いことが残念でなりません。
クリニック・ハイジーアでは、摂食障害と云う病気の根源を正しく理解していただき、1日も早く健全なカラダとココロを取り戻せるように、安全で根本的な治療を提案しています。
クリニック・ハイジーアは、女性の元気を応援しています。

クリニック・ハイジーアの統合医療

  • 分子整合栄養医学
  • 免疫療法
  • 漢方薬(東洋医学)
  • 食事療法
  • キレーション療法
  • 現代西洋医学

クリニック・ハイジーアでは、60項目以上の詳細な生化学検査や、日本の標準治療では行われない最新の検査技術を取り入れ、病態の真の原因を究明することを「治療の第一歩」と考えます。
科学的根拠にもとづいた治療効果の高く、そして副作用の少ない安全な治療法を取り入れ、必要に応じて西洋医学を組み合わせた、「根本治療」を目的とした「統合医療」を行っています。
世の中にはさまざまな病気がありますが、病気は大きく「器質性疾患」と「機能性疾患」の2つに分類することができます。
現代西洋医学は「器質性疾患」の治療を得意とする医学であるため、「機能性疾患」の多くは原因不明とされたり、心の病とされています。
摂食障害は「機能性疾患」という体の病態であり、器質性疾患と同様に原因が見つかります。
注) 保険診療で認められている検査項目は、外来の場合、最大で22項目程度となります。

統合医療の3つの特徴

クリニック・ハイジーアの統合医療には、3つの特徴があります。

1根本から治療

60項目以上の詳細な生化学検査と必要に応じて特殊な検査を実施し、摂食障害のカラダの原因を究明し、根本から治療
健康保険を使った一般的な医療の範囲内では、保険点数の問題で検査項目が十数項目程度に限定されてしまい(最大で22項目まで)、十分な検査を行うことができないため、病態を引き起こす体内環境、つまり機能の原因を充分に把握することができません。

2副作用がない

「サプリメント」と「薬剤」の違い ― 天然の複合的な栄養素であるサプリメントは、体内で必要に応じて代謝されるため、薬物治療に対して圧倒的に安全です。
熟練した医師の管理下で行う場合、ほとんど副作用はありません。
それに対し薬剤は、人体には存在しない化学合成された単一成分であるため、うまくいけば短時間に症状をとれるなどの利点はあるものの、根本的でなく、副作用があります。
注) アメリカでは1年間に10万人以上が薬の副作用で亡くなっていると指摘されています。

3治療期間の目安は3ヶ月~半年

病態改善のためにかかる治療期間は3ヶ月~半年が目安ですが、個人差があります。全体の治療期間は、年単位になります。
注) 治療効果には、個人差があります。
注) 病態が進行した場合、病態改善に長期の治療期間が必要になる場合があります。

医師紹介

秦 俊昭 医師

秦 俊昭 医師

日本産婦人科学会専門医。防衛医科大学医学部1982年卒業。東京慈恵会医科大学医学研究科大学院修了。防衛医科大学病院、自衛隊中央病院などを経て、三宿病院産婦人科部長などを歴任。2013年より、クリニック・ハイジーア院長就任。

大貫 隆広 医師

日本脳神経外科専門医。日本救急医学専門医。筑波大学医学専門学群1998年卒業。分子整合栄養医学に出会い、現在は帝京大学医学部付属病院救命救急センター勤務のかたわら、体に優しい根本治療をめざし2015年6月よりクリニック・ハイジーアにて診療を行っている。

カウンセラー紹介

  • 田邊 典子(管理栄養士)

  • 竹原 麻衣子(管理栄養士)

  • 畠山 沙樹(管理栄養士)

  • 岸田 侑子(管理栄養士)

クリニック所在地

住所
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目13-2 3F
診療時間
10:00~18:00 完全予約制(日・月・祝祭日休診)
電話
03-6826-8776
最寄駅
表参道駅(地下鉄銀座線、半蔵門線、千代田線)または原宿駅(JR山手線)より徒歩5分
道順
① 地下鉄表参道駅より、表参道を原宿方面に向かう。
または、原宿駅より、明治通りを超えて、表参道を表参道交差点方面に向かう。

道順2:表参道添いを進む

② シャネルとディオールの間の道を、入る。

道順3:スターバックスが見えたら左折

③ 一つ目の十字路(目印は、右角にスターバックス)を、左折する。

道順4:電柱の案内を目印に

④ 道なりに歩くと、道路は二又に分かれ、左側の道路を少し進む。
左側の上方、電柱の案内を確認してください。

道順5:茶色のレンガのビルです

⑤ ほんの10メートルほど、右手に見える茶色のレンガのビルの3階となります。